小説の書き方NAVI TOP → 小説を上手く書けるようにするために 読書をする

読書をする

読書をするというのは、自分の執筆レベルを上げるためにも非常に有効な方法です。

本から得られるものはたくさんあります。本を読むということは、その作者と本を通じて会話しているのと同義なのです。たくさん会話をして、たくさん学びましょう。本はあなたを成長させる力があるのです。

小説家を志すのならば、一般の人とは少し違った視点で本を読んでみましょう。そう、研究するのです。

なぜ、この作者はこういう書き方をするのか?なぜ、語彙がこんなにも豊富なのか?考えましょう。内容をとらえるのも重要ですが、書き手の視点になって考えてみるのも非常に大きな要素なのです。

読書をするときは、幅広いジャンルを読むようにしましょう。自己啓発本などはお勧めです。執筆だけでなく、実生活に役立つ考え方がたくさん詰まっており、将来の糧となる本でしょう。

ファンタジー小説も読みましょう。ファンタジーの世界を本で体験することにより、あなたの想像力はますます膨らむことでしょう。推理小説、歴史小説もお勧めです。特に歴史小説は、登場人物の心理描写が鮮明に書かれている場合が多いので、非常に勉強になります。

読書するときは一つのジャンルに拘ってはいけません。ライトノベルが書きたいからライトノベルだけ読む、推理小説家になりたいから推理小説しか読まない。こういう考え方は非常に危険です。あなたの可能性の芽を摘み取ってしまうので、幅広く読書していきましょう。

小説を上手く書けるようにするために

ダオニール
ダオニールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

貸し会議室やトランクルームを大阪市で展開するリアライブ
http://www.rearlive.co.jp/