小説の書き方NAVI TOP → 小説を上手く書けるようにするために 楽しむ気持ちを忘れないようにする

楽しむ気持ちを忘れないようにする

面白いことに、嫌々やるよりも楽しみながらやった方が物事は上達しやすいと言われています。

自分から楽しむことによって、書く力がどんどん蓄えられていくのです。受験勉強を例に考えてみましょう。単語をたくさん覚えなくてはいけない場合、嫌だと思いながら覚えるのと、自ら積極的に楽しみながら覚えるのとでは雲泥の差が生じます。

そう、つまり、小説を書くことを楽しむのです!確かに、小説を書くという行為は地道で、苦痛を伴い、なかなか芽がでないものです。陸上競技で例えるならば、マラソンみたいな存在です。しかし、だからこそ、走りきったときの感動は大きいものであり、得られる満足感も計り知れないものなのです。

小さなこともその一歩から始めないといけません。どんな長編小説も、その一文字から始まるのです。これには例外がありません、一文字から完成へのスタートが切られるのです。

小説を楽しむコツとしては、リラックスしながら書くというのが有効手段でしょう。コーヒーや煙草を嗜みながら、リラックスした環境で書くのはいいことなのです。砂糖がたっぷり入ったコーヒーならば、脳も活発しいつもより筆が進むことでしょう。

ポジティブな気持ちで小説を書き続けていきましょう。この小説が完成したら、称賛の言葉がたくさんもらえる。この小説を賞に応募すれば、受賞間違いなし!など、ポジティブなイメージをつくりあげるのです。

小説を上手く書けるようにするために

http://www.ngocchauseafood.com.vn/
金持ち父さんと貧乏父さん

ソフラチュール
ソフラチュールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!